Copyright© 2017 Dole Japan, Inc.All Rights Reserved.

パイナップル効果を生かす食べ合わせ

果物の多くは木に成る実を食べますが、パイナップルは草の仲間なので、草の実です。パイナップルの表面に並んでいるぎざぎざは、その一つ一つが花が咲いたあとにできる小果とよばれるものです。つまりパイナップルはその小果が100個以上集まってできる「集合果」と呼ばれる果物なのです。私たちが食べているのは、小果に続く花托や子房がふくらんだ部分です。


この部分が充分にふくらんで熟したパイナップルには、ビタミンB1 やクエン酸、食物繊維など、日常不足しがちな栄養が豊富に含まれています。今回はこんなパイナップルの栄養を生かすための、上手な食べ合わせをご紹介しましょう。
  


パイナップルのビタミンB1 +グレープフルーツのビタミンCで心と体の疲れをいやす

<パイナップルとグレープフルーツのサラダ>

心にも体にもストレスをかかえがちな現代人がもっととりたいのがビタミンB1 とCです。ビタミンB1 は糖質がエネルギーに変わるのを助けて、体を疲れにくくし、ビタミンB1とビタミンCは精神的ストレスに強い体を作ります。パイナップルでビタミンB1 を、グレープフルーツでビタミンCをとる食べ合わせで、心と体の疲れをいやしましょう。

 

作り方

パイナップルとグレープフルーツを一口大に切って、ちぎったサニーレタスと混ぜ、それぞれの果汁を加えたフレンチドレッシングをかける。

 
パイナップルのクエン酸+ヨーグルトのカルシウムでカルシウム補給にぴったり

<パイナップルのヨーグルトスムージー>

パイナップルに豊富なクエン酸には、カルシウムの吸収をよくする作用があります。カルシウムは日本人に最も不足しがちなミネラルで、この20年ほどの間、国民の平均摂取量が所要量を上回ったことがありません。カルシウム豊富なヨーグルトにパイナップルを組み合わせて、カルシウムを効率よく補給しましょう。

作り方

サイコロ状に切って冷凍したパイナップルと薄皮をむいて冷凍したオレンジ、ヨーグルトドリンク、レモン汁をミキサーにかける。


パイナップルの不溶性食物繊維と

りんごの水溶性食物繊維で体の中からきれいになる

<パイナップルとりんごのトースト>

パイナップルに豊富な不溶性食物繊維は水分を含んで便量を増やし、便秘を予防します。また、りんごに豊富な水溶性食物繊維は腸内の善玉菌を増やして腸の調子を整える働きがあります。パイナップルとりんごを食べ合わせて、不溶性と水溶性の食物繊維をとれば、便秘の悩みも解消されやすくなります。

作り方

パイナップルとりんごを角切りにして

軽くバターでソテーし、トーストにのせて焼き、シナモンをふる。

 

指導:医学博士 長野美根

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

​注目の記事

パイナップルで肉料理をおいしく食べる

1/3
Please reload

カテゴリーで探す
Please reload

タグから検索
Please reload

監修​