Copyright© 2017 Dole Japan, Inc.All Rights Reserved.

スパイス使いの楽しい料理がブーム

☆オリエンタル料理がブーム?

パクチーやナンプラーなどをふんだんに使ったエスニック系の料理の定着や、塩麹などの発酵食ブームに続き、日本でブレイクの兆しがあるのがイスラエル、パレスチナ、レバノン…といった国々をルーツに持つオリエンタル(中近東)料理です。

 

これは世界的な流行を受けたもので、一足先にアメリカでは中東・地中海料理のファストカジュアル・レストランが急増し、ニューヨークでは専門店も続々と登場。ロンドンやパリでも、評判のレストランやシェフが雑誌で取り上げられたり、レシピ本がこぞって発売されたりするなど、大きなムーブメントになっているようです。

 

オリエンタル料理とは、野菜やハーブをふんだんに使ったシンプルなもので、ヘルシーなイメージ。例えば、高栄養価で低カロリーと、多くのハリウッドセレブたちを夢中にしたフムス(オリーブオイルを使ったひよこ豆のペースト)やファラフェル(ひよこ豆のコロッケ)などが代表的な一皿です。

 

さらに、スパイスやフルーツ、ナッツをふんだんに使うこと。その絶妙な組み合わせで、独特の風味を楽しめるのも魅力のようです。


 

☆フルーツの美味しさを引き立てるシーズニングソルト

日本でも注目を集めつつあるオリエンタル料理。なかでもスパイス好きの間で人気が出始めているのが、“デュカ(Dukkah)”。クミンやコリアンダーなどエキゾチックなスパイス類とゴマ、ナッツなどがたっぷり入ったシーズニングソルトです。


ここでは、パイナップルとブロッコリースプラウトのサラダにトッピング。パイナップルの甘酸っぱさとデュカのスパイシーさに食感の楽しさが巧みにミックスされることで、とっておきの味わいになります

 

レシピ:パイナップルとブロッコリースプラウトのデュカサラダ

 

 

☆いつものマリネにフルーツ

もともと相性のいいスパイスとフルーツ。オリエンタル料理に限らず、さまざまな料理やスイーツ作りで、その組み合わせの妙が楽しめます。


りんごとシナモンやグローブの組み合わせは定番です。また、ジャムを作るときなど、オールスパイスやピンクペッパー、黒こしょうをプラスすると大人の味わいに。さらに、サングリアやカクテルなどにも、フルーツとスパイスの組み合わせは欠かせません。


さて、ご家庭でトライするなら、パイナップルをたっぷり使ったマリネはいかがでしょう。電子レンジを利用すれば簡単。作り置きもできるので、常備菜としても便利です。
 

レシピ:パイナップルのマリネ

 

 

Tags:

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

​注目の記事

パイナップルで肉料理をおいしく食べる

1/3
Please reload

カテゴリーで探す
Please reload

タグから検索
Please reload

監修​