Copyright© 2017 Dole Japan, Inc.All Rights Reserved.

バナナデザートで毎日を健康に

糖質やビタミン、ミネラル、食物繊維などがバランスよく詰まっているバナナは、毎日とりたいフルーツです。 
 
生活習慣病を予防するには、毎日の食事でバランスよく栄養をとることが第一ですが、今回は食後に一品加えるだけで、不足しがちな栄養を補えるバナナデザートをご紹介しましょう。

  
カリウム+マグネシウム+カルシウムと高血圧
バナナにはカリウムが100g中360mgと豊富に含まれています。カリウムには体内の余分なナトリウムを排出する働きがあります。
  
高血圧予防には、カリウムだけでなく、マグネシウムやカルシウムも合わせてとると効果がアップします。たとえば、カリウム豊富なバナナに、マグネシウムとカルシウムが豊富なアーモンドのスライスを合わせるだけでもOK。おいしいデザートが簡単にでき上がります。

 

 


水溶性食物繊維シェ-ク


バナナは食物繊維が豊富で、便秘などによいことで知られていますが、バナナの食物繊維は、水に溶ける水溶性食物繊維が比較的豊富なのが特徴です。この水溶性食物繊維にはコレステロールを減らす作用があります。 
 
食べすぎや運動不足が心配な人には、水溶性食物繊維をたっぷりとれる、バナナとマンゴーのシェ-クはいかがでしょうか。ヨーグルトを加えれば、ヨーグルトに含まれる乳酸菌にもコレステロール低下作用があるので、さらに効果的です。

 

 

指導:医学博士  長野美根

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

​注目の記事

パイナップルで肉料理をおいしく食べる

1/3
Please reload

カテゴリーで探す
Please reload

タグから検索
Please reload

監修​