Copyright© 2017 Dole Japan, Inc.All Rights Reserved.

パイナップルで肉料理をおいしく食べる

パイナップルは料理にもよく使われますが、とくに肉料理との相性がよいことで知られています。パイナップルを加えた酢豚や、ステーキの輪切りをのせたハワイアン・ステーキなどは、おなじみのメニューです。また、カレーに加えて煮込むと、ぐんとコクのある味になります。

これは、パイナップルの甘味が肉の味をまろやかにし、酸味が肉の脂っこさをさわやかな味わいにしてくれるからです。また、パイナップルにはプロメライン(ブロメリン)というタンパク質分解酵素が含まれており、肉のタンパク質を分解して柔らかくし、消化をよくする働きがあります。

 

 ただし、ブロメライン(ブロメリン)は熱に弱く、60℃以上で効力を失うので、加熱処理をしてある缶詰ではその効果は期待できません。また、調理の過程で60℃以上に加熱してしまうと、肉を柔らかくする働きはなくなってしまいます。ブロメライン(ブロメリン)の働きを生かすには、フレッシュのものを加熱せずに使うようにしましょう。

 

 



たとえば、薄切りにして生ハムや野菜と合わせ、パイナップル入りのハムサラダを作ってみては? また、ステーキやハンバーグなら、焼いたあとに、薄く切ったスライスをのせて、一緒に食べると肉の消化を助けます。

 

 

パイナップルと生ハムのサラダ

定番ルッコラと生ハムに甘いパイナップルが加わりまろやかな味わいのサラダに

エネルギー:(1人分)185kcal 

調理時間:15分      

塩分量:0.4g

 

材料(2人分)

 パイナップル                    1/6個(135g)

 生ハム                          6枚(30g)

 ルッコラ                           適量

 EXバージンオリーブオイル             大さじ2

 粗挽き黒こしょう                     少々

 

作り方

1 パイナップルは5mm厚さのくし形に切る。

 

2 器に生ハムを並べて、パイナップルをのせ、ルッコラを散らす。オリーブオイルをかけ、粗挽き黒こしょうをふる。

スペアリブのパイナップルソース焼き

脳の活動に必須の糖質をエネルギー源に変えるにはビタミンB1が必要です。その働きにうってつけのスペアリブとパイナップルのコンビで元気をチャージ! 

エネルギー:(1人分)831kcal 

調理時間(漬け込み時間を除く):25分 

塩分量:4.0g

 

材料(2人分)

スペアリブ                      4本

パイナップル(すりおろし用)    180g

 

Aみそ                          大さじ1

 しょうゆ                      大さじ2

 砂糖                          小さじ1

 酒                            大さじ1

 おろしにんにく                小さじ1/2

 こしょう                      少々

 ごま油                        大さじ1

 

クレソン                        2束

パイナップル(可食部)         1/8個分(約65g)

 

作り方

1 ボウルにパイナップルをおろし金(粗目)ですりおろし、Aの材料を加えてよく混ぜ合わせる。

 

2 1にスペアリブを入れてまぶしつけ、冷蔵庫で3時間ほど漬け込む。

 

3 2のスペアリブは、180度に予熱したオーブンの天板の網に並べ、漬け込み汁をぬりながら15分くらい焼く。

 

4 器に3を盛りつけ、クレソンとパイナップルを添える。

 

指導:医学博士  長野美根

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

​注目の記事

パイナップルで肉料理をおいしく食べる

1/3
Please reload

カテゴリーで探す
Please reload

タグから検索
Please reload

監修​