Copyright© 2017 Dole Japan, Inc.All Rights Reserved.

パイナップルで夏を元気に過ごす栄養をGET

パイナップルは南米の熱帯地方が原産の、「新大陸からの贈り物」とも呼ばれる人気のフルーツです。日本や英語圏では「パイン=アップル」、つまり松かさの形をしたりんごという意味で呼ばれていますが、フランスやドイツ、ポルトガル、スペインなどでは、「アナナス」といいます。これは、パイナップルがポルトガル人によって最初に発見されたとき、現地の住民がパイナップルを「亀の実」を意味する「ナナス」といったことに始まり、そこにポルトガル語の接頭辞「ア」がついたものだそうです。
  

 

ビタミンB1とクエン酸が夏を元気に


パイナップルは今でこそ日本でも一年中手に入りますが、本来はムシムシと暑くて健康を損ないがちな日本の夏にはとくにおすすめのフルーツなのです。
パイナップルは糖分が10%以上とたっぷりなうえ、ビタミンAやB1、Cも豊富です。とくにビタミンB1は多く、100g中0.08mg含んでいます。ビタミンB1 は食べたものがエネルギーになるのを助けるビタミンで、新陳代謝をよくして疲労を回復させる働きがあります。
また、パイナップルには酸味のもととなるクエン酸も豊富です。クエン酸は酢や、柑橘類やりんごなどの果物に多く含まれる成分で、有機酸のひとつです。クエン酸には、食欲を刺激して、だ液や胃液などの消化液の分泌を促し、消化をよくする働きがあります。
このようにパイナップルには、これからの暑い季節に衰えがちな体力や食欲を回復するのに効果的な栄養素がたっぷり含まれているのです。

 

 

不溶性食物繊維もたっぷり


パイナップルには放射線状にたくさんの筋があることからも想像できるように、食物繊維も豊富です。食物繊維には水の溶ける性質を持つ水溶性食物繊維と、水に溶けない不溶性食物繊維がありますが、パイナップルは、水溶性食物繊維が100g中0.1gと少なく、逆に不溶性食物繊維は1.4g含まれています。
 

このことは、パイナップルを調理するときの特徴からもわかります。たとえば、パイナップルでジャムを作るときには、パイナップルと砂糖だけを煮ても、オレンジやいちごのジャムのようにとろみが出ません。これはジェル状になってとろみの素になる水溶性食物繊維のひとつ、ペクチンが少ないことから起こる現象です。ちなみにパイナップル・ジャムを作るときには、市販のペクチンやペクチンが豊富なオレンジなどのフルーツを加えて作ります。
 

パイナップルに多い不溶性食物繊維は、水分を吸収して便の量を増やすので、便秘の予防や解消のためにも多くとりたい成分です。

 

不足しがちな食物繊維を補給するためにも、パイナップルはおやつやデザートで食べるだけでなく、カレーに加えて煮込んだり、ソテーして肉料理に添えるなどして、パイナップル効果を食生活に生かしましょう。

 

 

指導:医学博士  長野美根

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

​注目の記事

パイナップルで肉料理をおいしく食べる

1/3
Please reload

カテゴリーで探す
Please reload

タグから検索
Please reload

監修​